したい事、面白い事を見つけた子供は輝きます!世界に目を向け「広い視野」を持つお手伝いをするブログ

子供とおうち英語&留学

セブ

親子留学先をセブ島にしたわけは?迷ったら参考にしてください!

更新日:

とうとうやって来ました!(紆余曲折あり私にとってはやっと!)親子留学第一弾!

春休みに息子と一緒にセブ島に行ってきます!!

りくまま
なんで親子留学にセブを選んだのか。着目したところ、プランを立てるポイントなど紹介したいと思います。

いろいろ迷いどころいっぱいの親子留学!ご興味がある方の参考にしていただけたら嬉しいです。

親子留学先はセブ!重視したものは何?

計画を立てるとき、決めることが多すぎて何から手を付けていいか迷いますよね。

そんな時は、一番大事にしたいことを考えましょう。

ポイント

英語、安全面、費用、飛行時間、観光(アクティビティ)

どれが一番気になりますか?

正直、私はどれも気になります 笑

でも、もっとも優先したかったのは『費用』でした。

息子はまだ小学1年生。これからいろんな経験をさせてあげたいと考えているので、この一回に全力投球する余裕はありません。

りくまま
けど、どれもこれも大事。軽視できるものはないよ…

と、いろいろ調べた結果、この『どれも大切!!!』という思いをいい具合にくみ取ってくれたのがセブ島でした。

 

セブ島の魅力

費用

飛行機代は直行便で、1人往復7万円くらい。

物価は、だいたい日本の3分の1くらいのものが多いそうです。

(フィリピンの電気代は高いそうなので、住む環境によってはエアコン代などは要注意)

レートによって変動はしてしまいますが、いくつか価格の例を挙げてみました。

参考

現地の方々が行くローカルフード店(屋台)…50円~300円/1食
(ショッピングモール内のレストランなどは日本と大差ない)
朝マック…120円/個
タクシー…300円/20分程度の距離
映画…370円/人
マッサージ…600円/1時間
りくまま
なんてありがたい価格

安全面

危険な地域もあるのですが、そこに近づかなければ比較的安全だそうです。

といっても、フィリピン全体をみると治安は悪いです。

スリ、強盗、詐欺 などなど

頻繁に起きているので、あらかじめの対策は必須です。

  • 危険と言われるところには絶対近づかない。
  • 夜は極力外出しない。
  • 持ち歩くお金は最小限にする(2000ペソあれば事足りるらしい…)

今回は息子も一緒なのでなおさら無茶な冒険はせず、安全第一で過ごします。

りくまま
極端に治安のいい日本から出るのですから、どこの国に行くときも気を引き締める必要はありますね。

飛行時間

直行便を使うと約4時間半で着きます。ちなみに時差は1時間

この点は息子に負担が少なく済むので大変助かります。

めちゃくちゃざっくりとした飛行時間ですが、参考までに…

参考

アメリカ(NY):約13時間 (時差14時間)
アメリカ(ハワイ):約7時間半(時差19時間)
イギリス(ロンドン):約12時間半(時差9時間)
オーストラリア(シドニー):約9時間半(時差2時間)

英語

母国語は英語ではありませんが、幼稚園の時から英語教育を受けており、レベルはアジアのトップクラス。

たいていの大人が英語を話せます。

そして、個人差はあると思いますが、訛りは気になるほどではないそうです。

 

ネイティブではないからこそ、わからないポイントも理解してもらえ教えることがすごく上手なんだそうですよ。

マンツーマンレッスンが主流なのも特徴ですね。

りくまま
国民性はとてもフレンドリーで人懐っこい方が多いそうです

アクティビティ

語学留学という形はとりますが、やはりその国ならではの楽しい雰囲気も知ってもらいたい!

息子はプールや海が好きなので、楽しめる環境がすぐぞばにある事はすごく魅力的です。

・すぐ近くでできるマリンスポーツ
 (シュノーケリング、ダイビング、パラセイリングなど)
・ボート島めぐりをするアイランドホッピング
・ジンベイザメと泳げるセブ南部オスロブへの旅
・複数の大型ショッピングモール
りくまま
息子が大喜びする姿が想像できて、私もワクワクです

 

時期と期間

滞在先を決めたら次は時期を考えます。

息子は小学生なので、長期休みの春休み、夏休み、冬休みのどこか。

セブ島の季節を確認してみると、どのお休みを使っても楽しめそうでした。

参考

■乾季…12月~5月
    12月~2月…猛暑が少なくさわやかな夏(最高平均気温30℃)
    3月~5月…太陽がまぶしい南国らしい夏(5月がピークで最高平均気温32℃)
■雨季6月~11月 (スコールが何度か降るが日照時間は6~7時間ある)
    9月~11月…台風シーズン(直撃することは珍しい)
    8月…7月と9月に比べると降水量は減る
りくまま
私はカラっとした夏を味わいたかったので、春休みを選びました

続いて滞在期間

春休みはだいたい2週間。帰国してからの休養期間も考えて、10日間滞在することにしました。

息子にとって初めての海外なのであえて旅行だけ…とも思いましたが、息子は観光より友達と遊ぶことが好き。

なので、同じ状況の子と知り合えるだろう語学学校に通う事にしました。

 

多くの語学学校では、予約の仕方は一週間単位(月~金)

途中で帰ったとしても日割りはきかないケースが多いそうです。

 

私は息子の緊張疲れも想定して、学校は1週間だけ、あとは宿泊のみの延長をしてアクティビティにあてることにしました。

りくまま
もし物足りなく感じてくれたら、それはそれでよい事ですしね

滞在場所

セブ島に滞在する場合、安全面も見て以下の2カ所から考えると選びやすいかと思います。

  • セブシティ(セブの中心地)→買い物重視
  • マクタン島(セブ空港がある)→アクティビティ重視

といってもこの二カ所は車で30分くらいの距離。タクシーを使っても費用は600円くらい。

(運転手によって全く金額は変わってくるので、タクシーアプリ必須かも)

移動そのものの負担は少ないので、多く楽しみたいほうに滞在して、お休みの日にもう片方に移動…という感じでよさそうです。

ただマクタン島のリゾート地以外は住宅街。そちらには近かない方がいいのと長期の滞在となると少し退屈してくる可能性はあります。

りくまま
私は放課後すぐ海にいけるマクタン島のリゾート地を選びました

語学学校の選び方

ポイント

  • 親子留学の扱いがあるか
  • 学校の方針(どれくらいしっかりとした授業を受けたいか、など)
  • 食事(給食の有無、食事内容)
  • 宿(寮の有無)
  • 日本人の割合

私は上記の事を総合的に考えた結果、マクタン島のリゾート地にあるFirst English Global College という学校を選びました。

こちらの学校についての詳細は、また実際にお世話になってからアップさせていただきますね。

(追記⇒実際に行ってきたので、First English Global Collegeについてこちらに紹介させていただきましたよ~)

 

◆補足ですが、セブシティに留学するならNILSさんも魅力的な学校です!

フィリピン教育機関TESDAの認定校なので、信頼度は高いです。

日本人スタッフが在中していること、親子コースでもいろんなパターンが用意されていることも魅力的。

ホームページに詳細が記載されていたので、ぜひぜひ参考にしてみてください!

 

まとめ

今回の計画で、思うところはあります。

もっと長期で滞在したいな…や、完全なネイティブ英語がいいな…とか。

でも費用面のメリットはかなり大きいです。

その他も総合すると、セブ島での計画はいい感じに進んでいると感じています!!

 

りく
まあ、実際いってみないとわからないけど…

私も初めての東南アジア!

用心はしっかりしながらも、楽しんできます!!

 

初めての親子留学は成功するのか!?想像とのギャップはどれほどあるのか!?

また、ご報告させていただきますね。

参考

⇒実際に行ってきました!詳細はこちら★

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りくまま

りくまま

小学3年生になる1男の母。 留学経験(学生2回、親子1回)を生かし、子供向けの英会話教室スタッフ&留学カウンセラーとして活動しています。 このブログでは、親御さんの悩みを解決するため、子供の英語学習の進め方や留学情報についてお伝えしています。 留学に関する相談も受け付けていますので、いつでもご連絡くださいね☆

おすすめ記事

1

この記事では、乳幼児&小学生におすすめの英語学習法を紹介しています。   お子さんの英語教育について、このような疑問・悩みを抱いていませんか? 英語教育を始めたいけど何がいいの? 英会話教室 ...

2

りくままさまざまな英語教育に取り組んできましたが、一番実力が付くと感じれたのがグローバルステップアカデミー!   【英語力を伸ばしてくれる仕組み】について解説しているので、お子さんの英語教育 ...

3

りくままんーーー悩みがつきない!!   ただ!!悩んでる間に英語習得に有利な「幼い時の特性を生かせる時期」が刻々と過ぎています。この時間がめちゃくちゃ勿体ないんです。   ぜひここ ...

4

セブ留学を検討している方に向けて、セブ留学のリアルな情報・体験談をまとめてみました。 気になる項目があったら、ぜひのぞいてみてくださいね。 Contents1 セブ親子留学の準備1.1 留学準備の流れ ...

-セブ

Copyright© 子供とおうち英語&留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.