したい事、面白い事を見つけた子供は輝きます!世界に目を向け「広い視野」を持つお手伝いをするブログ

子供とおうち英語&留学

英語育児の悩み

親の心構えで子供が変わる!?意欲をつぶさないための注意点

更新日:

ありがたい事に小2の息子は英語がとても好きになり、毎日英語に触れ合いながら成長しております。

でも!こうなるまでには、結構大変でした…というか今も「うーーーん」となる時はあります。

りくまま
同じことを何度も説明することにもどかしくなったり、積極性が見れないとついイライラしたり…

でもこういう時は、息子ではなく私の方に理由があるんですよね。

りくまま
勝手に焦って結果を求めたり、逆効果になる言葉をかけてしまったり…

親の私が「英語を楽しむ」という大切なものを忘れていては、息子が楽しめるわけがありません。

なのでこんな時は、一度立ち止まって自分の言動や考え方を見直すようにしています。

すると、また冷静に息子と接することができ、息子も前向きな姿勢に変わってくるんですよ。

りくまま
今日は「もし煮詰まっていても、親御さんの心構えを変えると、おうち英語が楽しくなるかもしれませんよ~するとお子さんにもいい影響がでますよ~」というお話をしたいと思います。

心の余裕を持つ

お子さんに楽しく英語を続けてもらうためには、すぐ結果を求めずドーーーンと心の余裕を持つことが大切です。

親御さんにゆとりができる事で、お子さんは安心しておうち英語に取り組めるようになりますよ。

そのためにはこの2つを常に意識するようにしましょう。

ポイント

  • 2700時間の壁
  • お子さんの可能性

2700時間の壁がある事を知っておく

いろいろな研究結果によると、日本人が英語を習得するためには最低2700時間(場合によって前後する)の英語の触れ合いが必要だといわれています。

これは、すぐには結果は出ないけど、2700時間を超えたら大きく英語力が伸びるよ、という事。

時間がカギとなる事を理解すると、結果がすぐに見えなくても仕方がない、と心の余裕が生まれやすくなります。

りくまま
この2700時間を信じて、コツコツとおうち英語をすすめていきましょう。

お子さんの可能性を信じる

お子さんの英語力は必ず伸びる、と信じましょう。

お子さんの可能性に無意識に限界を設けていませんか?

親御さんのモチベーションが下がる理由の1つに、お子さんの可能性を信じきれていないケースがあります。

りくまま
何回やっても覚えないやん!集中もしないし!そもそもこの子には無理なのかも…

ついつい、煮詰まってしまうとこのような発想になってしまう方も多いようです。

でも、言語は遺伝よりも環境が大きく影響します。環境があればどんどん伸びていきますよ!!

ただ、可能性に満ち溢れている事が確かな子供達ですが、一人でそれを伸ばすには限界があります

なぜなら子供達が得れる情報量が、大人よりもずっと少ないからです。

つまり、親御さんや周囲の関わる人がどのように環境を整えてあげられるかどのように導いてあげるかで、お子さんの可能性を生かせれるかどうかがかわってくるのです。

りくまま
もどかしい時も可能性を信じて、お子さんにあった進め方を見つけていきましょう!

 

参考〈改めて英語は難しいと知っておく〉

大人は学生の時に英語の基礎を学んでいます。

ついつい新鮮な感覚を忘れてしまいがちなので、ここで少し想像してみましょう。

お子さんに英語の習得をせかすという事は、私達が「ヘブライ語で「何歳ですか?」は「בן כמה אתה」だったよね?まだ覚えてないの?こんな簡単な文なのに?」と言われてるようなものなのです。(未知の言語なら例えるのはなんでもいいですが…)

全く基礎知識のない言語をいきなり教えられても、なかなかすぐには覚えれませんよね…。

こう置き換えて想像するだけで、お子さんから繰り返し発せられる「なんだったっけ?」に寛容になれる気がしませんか?

学ぶ意欲を育てるための言葉がけ

親だって人。ついイライラして出てきてしまう言葉もありますよね…。

りくまま
だめだとわかっているんですよね。でも、余裕がある時ばかりじゃないんです…。

お子さんと普段から多く接している親御さんの言動は、お子さんにダイレクトに影響します。

りくまま
では、具体的にどのような事を気を付けていけばいいのか、見てみましょう。

「あなたはダメね」「もう無理じゃない?」「何度言ったらわかるの」は禁句

「なんでこんなに簡単な事ができないの?」という事に対してつい出てしまっていませんか?

「あなたにはもう無理なんじゃない?」「何度言ったらわかるの?」

この言葉を言われると、結果が出せなかった自分はダメな子なんだと思います。

これらの言葉が出かかった時は、ぐっとこらえましょう。

りくまま
「何度言ったらわかるの?」なんて言わずに子育てできる人いるの?!

と、私は思ってしまっていたのですが、失敗をしてしまう原因言葉の影響を知ることで、冷静に見守れるようになりました。

失敗をする原因

同じ失敗を繰り返すパターンは3つに分ける事ができるそうです。

  1. やろうとしてるのに、本当に何度やってもなかなかうまくいかない場合
  2. わざとではないが、原因分析があいまいで同じ失敗を繰り返してしまっている場合
  3. 注意されることがわかっているのに、わざとやる場合

中でも子供達に多くみられるのは、2番だそうです。

大人は失敗したら相対化と分析を上手にし、繰り返さないための対策を練ります。

ですが、子供達はまだ客観的にみて原因分析を上手にできないのです。

りくまま
その原因分析をする練習期間中であることも忘れてはいけません。

初めての事だらけの子供達は大人以上に失敗をするのは当然です。でも、いちいち責められたり諦められていたら身が持ちません。

りくまま
「だめ、無理、何度言ったらわかるの?」は自己肯定感を下げ、やる気の芽を摘んでしまう恐ろしい言葉なのです

他人と比べない

人と比べて優劣をつけてしまうのは、日本に根付いる習慣の1つと言えるでしょう。

  • 劣っている立場で比較されると、お子さんは傷つきます。
  • 逆に優れた立場の場合は、お子さんはおごりの気持ちが芽生えることも。

ただ、比較し競争意識を抱く事自体は、成長につながるいい動機となる場合もあります。

では、どうしたらいいのでしょうか?

りくまま
ズバリ!比較対象をお子さん自身にするのです。

過去のお子さんの状態と現在を比較して、どれだけ伸びているのかを気づかせてあげるのです。

私は、息子が新しい事へのチャレンジに躊躇した場合、この手をよく使います。

りくまま
あれ?〇〇を始める前もできないって言ってたよね?でも今はできるやん!!ってことは、これもやればできるんじゃない??

これを伝えると息子は、すごく嬉しそうな顔をして、やる気を出してくれます。

こういう小さな成功体験の積み重ねに気付かせてあげる事は、自己肯定感を高める事にもつながりますね。

りくまま
自己肯定感が高まるとチャレンジ精神が強くなっていきますよ。

まとめ

何かを強要すると反射的に逃げたくなってしまうのは、大人も子供も同じではないでしょうか。

上手に導いてあげれるかどうかで、お子さんの積極性が変わってきます。

そのためには、心の余裕を持つことが大切。

楽しく英語を学んでもらうには?

  • 2700時間の壁があることを知っておく
  • 必ず英語力は伸びる可能性を信じる

ついイライラ!としてしまう時も、深呼吸していったん立ち止まりましょう。

何を言ってはいけないのかどう導いてあげたらいいのかを心の中でおさらいです。

言ってはいけないことは?

  • 「あなたはダメね。」「もう無理じゃない?」「何度言ったらわかるの?」は絶対に言わない
  • 他人と比べず、過去のお子さんと比べる

もっと具体的なポイントを知りたいと思う方は、こちらの本をお勧めします。

尾木ママの優しい考え方に「はっ!!」としますよ…。

りくまま
ぜひぜひ、心のリセットのために一冊手元に置いてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りくまま

りくまま

小学3年生になる1男の母。 留学経験(学生2回、親子1回)を生かし、子供向けの英会話教室スタッフ&留学カウンセラーとして活動しています。 このブログでは、親御さんの悩みを解決するため、子供の英語学習の進め方や留学情報についてお伝えしています。 留学に関する相談も受け付けていますので、いつでもご連絡くださいね☆

おすすめ記事

1

この記事では、乳幼児&小学生におすすめの英語学習法を紹介しています。   お子さんの英語教育について、このような疑問・悩みを抱いていませんか? 英語教育を始めたいけど何がいいの? 英会話教室 ...

2

りくままさまざまな英語教育に取り組んできましたが、一番実力が付くと感じれたのがグローバルステップアカデミー!   【英語力を伸ばしてくれる仕組み】について解説しているので、お子さんに「英語を ...

3

りくままこれだけのことを言う理由が、この記事を読む事でわかってもらえるはず!   先に、高品質、低価格のコスパ最強の教材【ミライコイングリッシュ】を推す理由を、簡単にお伝えしておきますね。 ...

4

セブ留学を検討している方に向けて、セブ留学のリアルな情報・体験談をまとめてみました。 気になる項目があったら、ぜひのぞいてみてくださいね。 Contents1 セブ親子留学の準備1.1 留学準備の流れ ...

-英語育児の悩み

Copyright© 子供とおうち英語&留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.