したい事、面白い事を見つけた子供は輝きます!世界に目を向け「広い視野」を持つお手伝いをするブログ

子供とおうち英語&留学

英語育児の悩み

英語教育の問題点!授業内容の変化で英語嫌いが増えていく?!

更新日:

この記事では、学校で起きている英語教育の問題点について解説しています。

 

英語教育の強化が進み、2020年に小学校からの英語の授業内容が大きく変わり始めました。

  • 2020年~小学校
  • 2021年~中学校
  • 2022年~高校
りくまま
英語教育に力を入れてくれるなら、英語は学校に任せてて安心ね!

なんて思っていませんか?

英語未経験のお子さんにとっては、なかなか厳しい現実が待っているかもしれません。

ぜひぜひ知っておいて欲しい、学校の英語授業の様子をお伝えしたいと思います。

参考

英語教育の実態・現役学生のリアルな声も教えてくれる無料体験!

ペッピーキッズクラブの体験レッスン!心配事はここで解決!

英語教育の問題点【授業内容の変化】

まずは、学校の授業内容の変化をお伝えしていきます。

りく
「英語教育の問題点」につながっていくよ

小学校

今まで小学5年生から学んでいた内容を、小学3年生から学ぶことになります。

【3年生・4年生】

 外国語活動という名の「聞く・話す」重視の英語授業(年間35時間)(成績は付かない)

【5年生・6年生】

教科として扱われ「聞く・話す・書く・読む」すべてを学ぶ英語授業(年間70時間)(成績が付く)

目標

基本的なコミュニケーション能力を養う

習得単語数:600~700語

中学校

中学校の英語の授業は、基本的に英語で行われるようになります。(英語で英語を学ぶ)

目標

身近な話題についての理解や表現、情報交換ができる程度のコミュニケーション能力を養う(英検3級程度)

習得単語数:1600~1800語

高校

高校では、今まで学生が苦手としてきたスピーキング・ライティングが強化されていきます。

目標

的確に情報などを理解し、意思疎通を行う能力を養う(英検準2級~2級)

習得単語数:1800~2500語

 

英語教育の問題点!高い中学英語のハードル

りくまま
さらっと流れをお伝えしましたが、お気づきですか?

中学校で行われる【英語で英語を学ぶハードル】がとても高い事を。

小学3年生から英語の授業が始まるとはいえ、小学生の間に学べる英語は200時間程度です。

この程度の時間では、英語で説明されている事を理解するほどの英語力は育っていません。

参考

親の私達が公立の中学校・高学校で学習した時間は、約800時間。

(これでも理解するのは難しいのではないでしょうか。)

ごくわずかの授業しか受けていない状態で、中学校からは英語で英語の授業が始まるんです。(文法などは別)

りくまま
単純に考えて、難しくないですか?!

決して、英語で英語の授業を学ぶ事を否定しているわけではないんです。英語力が高い国では、英語を英語で学ぶ授業は当たり前のように行われています。うまく機能すれば、英語力はすごく伸びるはずなんです。

でも、英語で英語の授業を実施している教育現場では、問題が起きてしまっているんですよ。

英語力の二分化

りくまま
その問題とは、子ども達の英語の理解度が、大きく二分化されている事。

英語が理解できる子とできない子の差が、めちゃくちゃ開いているということなんです。

英語が理解できる子は、難易度の高い授業をこなすわけですから英語力は伸びます。

でも、あまり英語が身に着いていない子は、先生が言っている事が理解できないので、授業についていけません。

悪循環

授業が理解できない→苦手意識→学習意欲低下→ますます差ができる

りくまま
学校で、理解できない子ども達のフォローをしっかりしてよ!
と言いたいところですが、教育現場ではなかなかフォローの手を差し伸べる余裕がない所が多いそうなんです。

りくまま
先生達も必死で、この教育改革の対応に追われていると耳にします…

英語教育の問題点への対策

ではこの二分化を防ぐためには、いったい何ができるでしょうか。

いわゆる【英語ができる子】がしているのは、「学校以外での英語学習」です。

幼い時から英語を学んでいるほど、理解が進んでいます。(もちろん個人差はありますが)

でもそれだけではなく、英語を口に出す抵抗感がなくなっていることも強みになっています。

なぜなら、今の英語の授業は【話す能力】も求められているからなんです。

英語を話せるようになるためには、少しずつでも英語を口に出していくしか方法はありません。

りく
英語を話すなんて恥ずかしい…
なんて言っている場合ではないんです。

そして、この羞恥心はお子さんの年齢が高くなればなるほど大きくなる傾向にあり、話す能力が問われる年頃にタイミングが合ってしまうんです。

 

英語教育の問題点!まとめ

小学生まではまだ楽しめる子が多い、今の英語教育。

でも、中学校で始まる【英語で英語を学ぶ】授業で、英語の実力差が大きく出てしまいます。

お子さんが中学校でも授業についていくためには、学校だけの学習だけでは難しく、各家庭で事前の準備が大切

りくまま
まずは、現実をしっかり知り、どのような対策方法を練っていけばいいのか、考えてみましょう。

 

言語は、才能ではなく、環境が大きく影響してきます。

 

逆に言えば、環境さえ整えてあげれば、学校で困らない程度の英語力を身に付けるのは難しくありません。

様々な英語学習の取り組み方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

参考

英語教育の実態・現役学生のリアルな声も教えてくれる無料体験!

ペッピーキッズクラブの体験レッスン!心配事はここで解決!

ウェブから申し込むと無料で受けられます!

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
りくまま

りくまま

小学3年生になる1男の母。 留学経験(学生2回、親子1回)を生かし、子供向けの英会話教室スタッフ&留学カウンセラーとして活動しています。 このブログでは、親御さんの悩みを解決するため、子供の英語学習の進め方や留学情報についてお伝えしています。 留学に関する相談も受け付けていますので、いつでもご連絡くださいね☆

おすすめ記事

1

この記事では、乳幼児&小学生におすすめの英語学習法を紹介しています。   お子さんの英語教育について、このような疑問・悩みを抱いていませんか? 英語教育を始めたいけど何がいいの? 英会話教室 ...

2

りくままさまざまな英語教育に取り組んできましたが、一番実力が付くと感じれたのがグローバルステップアカデミー!   【英語力を伸ばしてくれる仕組み】について解説しているので、お子さんに「英語を ...

3

りくままこれだけのことを言う理由が、この記事を読む事でわかってもらえるはず!   先に、高品質、低価格のコスパ最強の教材【ミライコイングリッシュ】を推す理由を、簡単にお伝えしておきますね。 ...

4

セブ留学を検討している方に向けて、セブ留学のリアルな情報・体験談をまとめてみました。 気になる項目があったら、ぜひのぞいてみてくださいね。 Contents1 セブ親子留学の準備1.1 留学準備の流れ ...

-英語育児の悩み

Copyright© 子供とおうち英語&留学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.